包装用共押出多層フィルム「DIFAREN」について

DIFARENは、日本における共押出多層フィルムのパイオニアとして、食品パッケージを中心とした様々な分野でご愛用頂いております。
DICグループの“ワールドワイド”な開発力を結集。環境負荷低減、高齢者に対するバリアフリー等の多様化する時代のニーズに確実にお応えするだけではなく、その優れた諸特性と多機能性でパッケージングの新時代をクリエイトしていきます。

包装用共押出多層フィルム「DIFAREN」とは

共押出多層フィルムとは、熱可塑性樹脂を複数の押出機より同時に押し出し、ひとつのダイを通過させ、その内外で溶融状態の樹脂を1工程で積層する複合成型加工技術により生産されたフィルムのことです。DICはTダイ法による共押出多層フィルムを1970年代に国内で初めて製造・販売したメーカーです。

<包装用共押出多層フィルム「DIFAREN」の生産方法>

<多層フィルムの特徴>

単体ではフィルム状にできない極めて薄い樹脂層を積層することができます。これによって、耐熱性・ヒートシール性・剛性・柔軟性・耐寒性・イージーピール性等、様々な機能を1枚のフィルムに併せ持たせる事が可能となります。

3種3層フィルム

製品についてのお問い合わせ

DIC株式会社 フィルム営業部

  • 東京
    03-6733-6213
  • 大阪
    06-6252-9550
  • ※電話受付時間:平日 9:00~17:00

お問い合わせフォーム

※SDS・衛生証明書はお問い合わせフォームからご請求ください。

  • DIC株式会社
  • DICグラフィックス株式会社
  • DICカラーデザイン株式会社
  • Sun Chemical